太陽光発電のしくみを知ろう

そもそも太陽光発電のしくみって知っていますか。
ソーラーパネルに太陽光が当たると発電するっていうことを漠然と知っているだけではないでしょうか。
もっと詳しいことを知っておいたほうがいいとは思いませんか。
どうしてソーラーパネルに太陽光が当たっただけで発電できるのか。
半導体に光を当てると電流が流れます。
電気的に特性が違う半導体を2枚用意して、組み合わせます。
そして、そこに光を当てると電流が流れるわけですが、2枚の半導体は特性が違いますから電位差が生じて、発電するというわけです。
もう少し詳しく説明すると、n型シリコンとp型シリコンを組み合わせます。
そこに光を当てると、+と-の電子が発生します。
+の電子はp型シリコンへ、-の電子はn型シリコンへ引き寄せられて、電位差が生じるんです。
こうして発電した電気を自宅で使うことになるのですが、このままでは直流のために使うことができません。
自宅で使えるようにするために、直流を交流に変換します。
もちろん、太陽光発電を導入するときに変換する機会も設置するので安心してください。
その機械は、パワーコンディショナーというものです。
ほかにも屋内分配器を使って、それぞれの部屋に電気を送る必要がありますし、モニターで発電状況を監視できるようにもします。
太陽光発電を導入するとなると、単にソーラーパネルを設置するだけではなく、いろいろな機械も設置することになるんです。
私たちが直接使うことになる機械はモニターでしょう。
どれくらい発電していて、どれくらい電気を使っているのかがわかりやすく表示されます。
そして、余った電気が売電されている状況まで把握することができるんです。
自分たちで使い切れなかった分の電気は売電することができるわけですが、リアルタイムでどれくらい売電されているのかも知ることができます。
太陽光発電のしくみを知ると、なぜ二酸化炭素を出さず、静かに発電できるのかがよくわかったのではないでしょうか。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>