売電価格が下がることがある

今は、売電価格が高いですから、今のうちに太陽光発電を導入しようって思っている人が多いでしょう。
高く電気を売りたいって思うのは、当たり前のことだと思いますが、注意しないといけないことがあるんです。
せっかく太陽光発電を導入したのに、売電価格が下がってしまうケースがあるからです。
最近は、電気自動車に乗っている人もだんだんと増えていています。
自宅に電気自動車を置いて、太陽光発電した電気を蓄電したいって思ってはいないでしょうか。
これは、気をつけなくてはならないケースなんです。
W発電しているとみなされてしまうと、売電単価が下がってしまいます。
余った電気の売電と電気自動車の放電を同時に行ってしまうと、W発電しているとみなされてしまうので、同時に行わないようにしないと売電単価が下がってしまうでしょう。
余った電気がないときに、電気自動車の放電をする分には売電単価が下がることはありません。
W発電とみなされると売電単価が下がってしまうということを頭に入れておかなくてはいけないんです。
ほかにもソーラーパネルとガスなどで発電できる機械がある場合も注意しなくてはなりません。
W発電とみなされてしまうでしょうから、気を付けましょう。
エネルギーを安定して使いたいと思って、太陽光発電以外の発電もできるようにと考えている人は、設置するときに、メーカーとよく相談しておいたほうがいいと思います。
売電価格の説明をしてもらえるはずですから、その時に、売電価格が下がる可能性があるといわれるでしょう。
売電単価を下げないようにするにはどうすればいいのかも説明してもらって、売電単価を下げないように気を付けてください。
せっかく太陽光発電で余った電力を売電して、早く元を取ろうと思っていたのに、売電単価が下がってしまえば、思った以上に元を取るのに時間がかかってしまうでしょう。
そうならないようにするためにも、売電価格のことをよく調べなくてはなりません。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>